Sample Business Hotel

軽めのマッサージを意識する

マッサージを行う人にとっては、相手に行った場合には自分が疲れることになります。特に、長時間にわたる施術を行った場合には、同じ動作を何度も行うことになります。相手によっては力加減を変える必要もありますし、気をつかうことにもなります。施術を受けた人は、体が軽くなったように感じるでしょう。しかし、施術を行う人にとってはそれなりの負担がかかると知っておきましょう。 自分がマッサージを行う場合には、軽めを意識しながら行うといいでしょう。肩を揉む時の力や腰に対しての手の動きを軽くするのです。軽めに行って絶大な効果が得られる方法を考えるといいでしょう。相手に行う場合には、立ち位置や体重のかけ方がポイントとなります。体重がない人でも力のかけ方次第では、大きな効果を得ることができます。相手に行う場合もありますが、自分に行うセルフマッサージもあります。手が届く範囲であれば、自分で身体をもみほぐすこともできるのです。やり方や場所によっては、疲れが取れる異なります。 マッサージのやり方も疲れにくいものにすれば、体の疲労をとるのに便利な方法をマスターすることができるでしょう。自分で行うことができるところは、手や足が多いでしょう。力加減を考えながらもんでいくといいでしょう。また、自分の身体を使う以外にも道具を使うといった方法があります。鉛筆やテニスボールをうまく活用することで、身体を使ったマッサージよりも効果を得ることができます。 ボールを使う場合には、足のうらにあててうまく転がしていけば効果を得ることができます。これなら、自分が手の届かない背中にもマッサージを行うことができます。道具を使って工夫をしたり、体重のかけ方や立ち位置を工夫することによって自分自身の体の疲労を取ることもできます。人間は定期的にメンテナンスをする必要があるので、疲労感を感じた場合には自分でメンテナンスとしてマッサージを行ってみるといいでしょう。

↑ PAGE TOP